風雷精火

その世界には、『魔物』という存在がいた

時に人を喰らい

時に人にとり憑き

時に人を化かし

常に人を苦しめてきた

そんな魔物を退治できたのは

特異な能力を持つ人間

呪力を持ち、それを操ることのできた

呪能術師だけであった

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ