ひまわりのナミダ


空高くに輝く太陽。

その太陽に向かって伸びるひまわり。
 
ある日、ひまわりに一筋の水滴が・・・。

それは、朝露?それとも、ナミダ?

ひまわりは、何を想い、考えたの?

きっと、ひまわりは恋をした。

叶うはずの無い恋を・・・。

ひまわりは、太陽に恋をした。

でも、届かない。いくら太陽のほうに向いたって届かない。

だから、ひまわりは太陽に似てるんだね。

きっと、一筋の水滴は切ない恋をしたひまわりの、ナミダ。


◆◇あなたは、15122番目のお客様です◇◆




こーしんじょーほー☆

初めに☆

■□管理人の取扱説明書□■

夢の入り口−♪

掲示板◆

妄想にっき★

●○らんきんぐ○●

  

   太陽が沈んだら、ひまわりも下に向くんだって。

   叶わない恋に、すぐに泣いちゃいそうになるから

   でも、太陽の前では涙を見せたくないんだって

   儚い恋だけど、太陽の前では綺麗な可愛い笑顔でいたいんだって。

   ひまわりは、夜に泣くんだって・・・。

   太陽も、どこかで泣いてるんだって・・・。

   お互い、好きなのにお互い近づけないって

   ・・・・・・なんだか、切ないね。




  


ブックマーク|教える




©フォレストページ