ずるい嘘つき

「ごめん、待った?!」

はぁ、と息を吐きながら両膝に手をつく。待ち合わせの時間ぴったりなのだけど、それよりも早めに着いて待つのが炭治郎なのだ。

「俺も今来たところだ。」

ああ、もう。炭治郎はいつもそう言うけど、絶対嘘だ。私が早めに着いた時だって炭治郎は既に待っているんだから。炭治郎は鼻が利くから私がつく嘘なんて通用しない。なのに自分は堂々とついちゃうんだから。

「混んじゃう前に行こ。」

炭治郎の手を取り、歩き出す。今日は久しぶりのデートだ。楽しみで昨日の夜から眠れなかった。

「その前にちょっと待ってくれ。」

ん、と振り返ると人好きのする笑顔が近づいてくる。突然のことにびっくりして体が固まる。

「今日も可愛いな。」

「な、何言ってんの!!」

「これは本当の事だぞ。」

私が内心、炭治郎だけ嘘をつくなんてずるい、と思ったことがバレていたようだった。炭治郎のつく嘘は後ろめたいことじゃなくて、私のことをからかうずるい嘘ばかりだ。

「どうしていつもそう言うことばっかり言うの!こっちが恥ずかしいよ!」

「なんだ、照れてるのか?」

私が慌てふためくと炭治郎はすごく嬉しそうにする。私の反応が可愛いから、という理由で隙あらばこういうことを口にする。
正直言うと嬉しいんだけど、いくつ心臓があっても持たない。

「…照れてない。」

「嘘ついても俺には分かるぞ。それとも、匂いを嗅いで欲しいのか?」

再び近づいてくる炭治郎に、ゆっくりと後退りながら距離を取る。

ここは公の場だよ、と言っても知らん振りをされるのは前に試したから分かる。

「あ、こら!」

踵を返して逃げるけど、難なく炭治郎に捕まった。せっかくのデートなのに、このままだと予定が潰れてしまう。今日はどうしても見たい映画があるのに!

「仕方ないな、早く行くぞ。」

思わず匂いを嗅がれるんじゃないかと身構えた私は拍子抜けした。前を歩く炭治郎が笑いを堪えた表情でこちらを振り返った。

「残念そうな匂いがするぞ。」

「…違う!っていうか、嗅がないで!」

「それは無理なお願いだな。」

くつくつと笑う炭治郎に優しく手を引かれ、映画館へと向かった。


返信不要の場合はその旨を記載下さい。



[TOPへ]
[カスタマイズ]

©フォレストページ