それは儚い物語




ひとひらの花弁が中を舞った

それはやんわりと光を纏い

灯火は

また、一つ


消えていった………………―




*

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ