幻想小説 U

□30。
1ページ/8ページ

豪奢な細工の施される、やたらと広い一室。
ここは、俺とラジアちゃんの部屋。

隣にはラジアちゃん。
目の前にはカゥゼ。
そして、斜め向かいには氷の魔女と呼ばれる、イメルダ。

あれから、イメルダの一言で勝負は始まった。
場所は移動したけれど、あの時から、既に始まっていたのかもしれないと、俺は思う。

目の前に散らばるカード。
ポーカーではない。
ゲームは神経衰弱。

俺とカゥゼも、参加しているから。
参加しなければならないと思った。
俺自身が賭けられているから、も、ある。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ