幻想小説 U

□32。
1ページ/6ページ

人は、素直に生きるのが多分、一番いいんだと、あたしは思う。
だけど。
あたしは、素直のなり方を、忘れてしまった。


「…本人に聞いてみないと、あたしからは何とも。」

「そうか。ぜひ、考えてみる様、伝えてくれ。」

「…はあ。」


軽く一礼をして、部屋を後にする。

何だかなー。

そんなことを思いながら、宿屋の廊下を歩いていた。


「ラジア。」


振り向けば。
そこにはカゥゼが、壁に背をもたれ、何故かあたしを睨んでいた。

あたしは軽く、肩をすくめるしかなかった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ