幻想小説 U

□34。
1ページ/6ページ



「きゃーっ!」

「…えっ?」


盛大な女の悲鳴で目が覚めた。
がばっと起き上がると、上掛けが滑り落ちた感触。


「ぎゃーっ!」

「…あ。」


あたしは、裸だった。


「…何ー?」


あ、やばい。

隣でもそもそと起き上がったリザを見て、あたしは咄嗟に、そう思った。


「何で?!何でリザも裸なのよー?!」


朝から半狂乱に泣き叫ぶのは、オフィリア。
大方、リザに構って欲しくて来たのだろう。
どうでもいいが、物凄く早朝なんだけど。

何か、こんなんばっかりだな。

上掛けを手繰り寄せながら、あたしはぼんやりと、泣き叫ぶオフィリアを眺めていた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ