幻想小説 U

□36。
1ページ/5ページ

お父様から、リザを手に入れるのは無理だと聞いた。
何で?
今まで、欲しいものは全て与えてくれたのに。

何で、リザは無理なの?

初めて本気で、
好きになった人なのに。




「…ねえ、リザ。」

「何?オフィリア様。」


今日もリザを連れ出す。
あたしの特権で。
お金を払っている訳ではない。
誘えば、リザは付いて来てくれる。


「…お父様から、聞いた?」


凄くその一言に、緊張した。
絞り出した様な声は、微かに震えた様な気がした。
歩く度 綺麗に、
小刻みに揺れる銀色。

見上げれば、リザは柔らかく笑っていた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ