幻想小説 U

□37。
1ページ/6ページ

うやむやの内に数週間続いた氷の国滞在も、漸くマリーは、出発する気になったらしい。

あれから。
何度かイメルダの奇襲があった。

あたしは何故、気付かなかったのだろうか。

多分。

鈍いからなんだと思う。


「ラジアー!」


ばたーん!

勢い良く開けられたドアの向こうには、相変わらずな叫び声を上げたイメルダが立っていた。

明日にはこの国を立つあたし達は、最後の荷物確認を終え、部屋で飲んでいた所であった。

騒々しい奴だな。

あたしが密かについた溜め息など、イメルダは気付きもしないだろうが。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ