幻想小説 U

□38。
1ページ/5ページ

ラジアちゃんに抱き付いたまま、もうもうとする煙を眺めていた。

イメルダには、興味がない。
けれど、聞きたいことはあった。

生きてるかな?

多分、大丈夫だと思うけれど。
ラジアちゃんは、容赦がない。
只、それは、本気でラジアちゃんの命を狙う者にだけであって、それ以外には、驚く程 慈悲深いのも知っている。

だから、好き。

だから、知りたい。

知りたいことは、きっとラジアちゃんは、教えてはくれないから。


「勝負よ!ラジア!」


煤けたイメルダが煙から出て来る。
そう叫んで、最後の勝負が始ろうとしていた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ