幻想小説 U

□39。
1ページ/5ページ

これは、ラジアにとったら数ある中の勝負の一つ。
イメルダにとったら、我が儘から始まった勝負の一つ。

そして。

リザにとったら、人生の大勝負。

目を見れば解った。
この子は、賭けている。
ラジアに近付きたくて、ラジアの傍にいたくて、ラジアをもっと知りたくて、

もっともっと、
愛したくて。

たった52枚のカードに、その全てを賭けるつもりでいるのだ。

すごいな。

素直に、そう思った。

余りのひたむきさに、軽く目眩がしそうになった。
羨ましいのだ。
あたし達が忘れてしまった、体現するということを素直にやって退けるリザが。


「…ふふ。」


そうして、それぞれ大なり小なり思いを賭けた勝負は、幕を開けた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ