NO.6

□アニメ #10
1ページ/1ページ

 怖い、怖い、怖い。

 ネズミに抱き込まれ、そのマントにくるまれたのと、ほぼ同時に床が傾いた。

 一緒にいた沢山の人々と一緒に、僕達は奈落の底へと落ちていく。

 人々の悲鳴と叫び、恐ろしくて耳を塞ぎたかったけれど、両手はネズミにしっかりしがみついたまま。もし離してしまったら、このまま二度と会えないのではないかという、恐怖。

 より一層しがみつくと、ネズミの腕の力も更に強くなった。

 匂いが、その懐に顔を埋めているから、ネズミの匂いを強く意識させてくれる。それと温もりも。

 先の判らない恐怖から逃れたい。その一心で僕は、ただただそれに縋る。

 どれだけ落ちたのか、弾力のある何かの上に落ちる。生温かくて、臭い。そして無数の呻き声。考えるまでもなく、それらは人でしかない。自分が下敷きにしているものの感触だとか、想像するのも恐ろしい。


 人の山を踏み締めて、必死に這い上がった先、奈落から外へ踏み出す前で僕達は、息を調えるために立ち止まった。

 さっきまではただただ必死で、夢中で、忘れていた恐怖が蘇る。勝手に身体(からだ)が、ガタガタと震え出す。それが止められない。

 目の前には、まるでゴミみたいに無数に積み重なった人の山。苦悶の声だけに満たされた、奈落の底。

「しっかりしろ、紫苑」

「こわ…い」

「大丈夫だ、俺がいる。あんたは一人じゃない、一緒だから」

 ネズミの落ち着いた声が、耳の近いところから吹き込まれるように響いた。それでも怖いと繰り返す。

「すまない」

 沈痛に落とされた声が、耳のずっと奥の鼓膜を震わせる。

 顔を上げると心配げな、たぶん悔いているような、何かを耐えて苦しそうに歪めた表情のネズミと目があった。

「必ず、連れ帰る。あんたも、沙布も」

「さ…ふ…」


 そうだ、沙布。自分が何の為にここへ来たのか――。この瞬間まで、胸を染(し)めていたのは恐怖と、ただネズミのこと。彼と離れたくない、離れるのが恐い。 

 こんなところから、本当に無事に帰れるのだろうか。もしもネズミを失うことなんてあったら、今までみたいに平気で生きていけるだろうか。

 一度ならず知った、あの温もりを失ったら、そんな漠然とした恐怖――。

「顔色が悪いな」

 そう言ってネズミは僕の顔を覗き込んで、頬に触れる。ネズミの指先も、冷たい。普通そうにしているけれど、ネズミも緊張しているんだ。

「だが、のんびりしてる時間はない。先へ進まないと――。大丈夫だな、紫苑」

 僕は、ネズミの服をギュッと握り締めると頷いた。

「大丈夫、行こう」

 ネズミも、何かを決意するように頷くと、僕の頭をひとなでして背を向けた。そして僕の左手に、手探りで触れる。触れたネズミの右手としっかり繋いで、僕らは歩きだした。

 ネズミの背を見詰めながら、僕は誓う。ネズミが僕を守るなら、僕がネズミを守ろう。何の役にも立たないかもしれないけれど。

 そして必ず、一緒に地上へ帰るのだ。






[完] 2011/09/22 20:40
改稿 2012/03/21




アニメ10話は、なんか紫苑が男らしくてビックリしたのでした。ネズミに守られるボケボケな紫苑が好き。なので、ちょっと夢みて改変してみました。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ