NO.6

□アニメ ♯5
1ページ/1ページ

 アンタが、きっと急所だなんて知らずに触った、首の頸動脈のあたりが、あれからずっと疼いている。それは、たびたび眠りを妨げるくらいに、根深い。

 何故、俺だけが引きずって、寝不足にならなければならないのか。

 突然の怒りと衝動は抑えきれずに、急激に溢れ噴き出した。


「知っているか?」

「なに?」


 アンタの頸動脈に、皮膚の上から指先で触れる。


「ここ、ちょっと強く押さえつけてやるだけで落ちるんだぜ」

「落ちる?」

 当然、アンタは知らないのだろう、そんなことは。無垢な子供のようにキョトンと首を傾げる様(さま)に、ただ苛つく。


「試してみるか?」

「試す?」


 アンタは無防備に細い首を晒し、目をぱちくりさせる。そして突然クスクスと笑い出した。


「くすぐったいよ、ネズミ」


 気が付けば、首筋に指を何度も往復させていたようだ。恐ろしいことに、無意識だ。そんな無意味な行動を俺にさせる、アンタという存在が恐ろしい。


「ネズミ…?」


 不思議顔のアンタに背を向けて、ベッドでふて寝する。他にできることがない。



 情けない。










[完] 2011/09/03

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ