NO.6

□アニメ #5
1ページ/1ページ

 ネズミは時々、意味不明だ。僕とダンスだって。無理矢理組まれて、ステップを踏まさせる。


「ワントゥースリー、ワントゥースリー」


 ネズミのよく通る声が、軽快なリズムを刻む。

 最初はドタドタと振り回されるばかりだったけれど、ネズミのリードは巧みで優雅だ。

 さすがは舞台…、女優?

 声に出すと、怒らせそうだから言わない。ダンスらしくなってくると、ダンスって大変だ。気持ちいいどころじゃなくて、体力勝負。

 見上げると、ネズミは息も乱していない。僕は、みっともなくゼイゼイと肩で息をする。


「も…、無理」

「なんだギブアップか?」


 ネズミのどこか愉快で楽しそうな声。不機嫌になることの多いネズミの陽気な様(さま)は、嬉しいけれど。

 ドサリと重い音をたてて、ソファへ座り込んだ。ネズミは、そんな僕を余裕綽々に見下ろしている。



「なんだよ」

「アンタ、本当に体力ないな」

「うるさい」


 ククッとネズミは笑う。



 なんだか、とてつもなく悔しい。










[完] 2011/09/03

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ