NO.6

□アニメ ♯3
1ページ/1ページ

 ヒビが入った鏡の前。朝起きてすぐから暫くの間、紫苑は、その前に立ち続けていた。

 頬にある、まるで何かが這った痕のような薄赤い痣に触れ、すっかり色が抜け落ちて真っ白になってしまった髪に触れ、同じく色が赤に変わってしまった瞳の目元に触れる。

 それから数歩を移動して、再びベッドに座り込んだ。深く項垂れて、動かない。

 そんな紫苑の頭に手を置くと、俺は髪をモシャモシャとかき回した。

「なにするんだよ」

「いや…」

 もう一度、モシャモシャと。

「やめろってば」

 手が振り払われた。涙目で憤るアンタは、俺をキッと睨む。そんな瞳は、まったくらしくないし似合わない。

「こんなの、やっぱり嫌だよ。死んだ方がマシだった」

「まだ言っているのか、あんたは」

 まったく、うっとおしいったらないが――。

「なんだよ」

 気がついたら、紫苑の髪を、またかき回していた。

「やめろって言ったじゃないかっ」

 華奢な紫苑の腕が、俺の悪戯な手を払う。

「おおっと…紫苑、そう落ち込むな。その姿もなかなか似合ってるぞ」

「まさか、気休めなんか言うな」  


「気休めじゃないさ。前より印象的で、いいと思うぜ。ただの茶の髪と瞳も悪くないが、こっちも、あんたに合っている。この…」

 そうして紫苑の、頬を飾る痣を指先で辿る。

「体を這う痣だって、童顔と相まって色っぽいぜ」

 紫苑は、ぽかんと俺を見る。

「なに言ってるんだ、ネズミ」

 本当に、なにを言っているのだろうな。心の中で呟く。

 感じたことを、そのまま言葉にしてしまった。用心深く慎重であると自負している俺にしたら、ずいぶんと浅はかだ。

「まあ、気にするなってことだ。いいか、今後まだウダウダ言うようなら、俺は出て行くからな」

 紫苑は、きょとんとした表情をする。

「追い出す…じゃないんだ。ネズミの家なのに」

「あんたを追い出すより、俺が出て行ったほうが早いからな」

「…言わない」

 そう言った紫苑に満足する。

 何故、満足するのか。追い出せばいい。ただ面倒なだけじゃないか。そう問い責める自分もいる。

 ジレンマからの苛立ちを隠すように、俺は自分の頭をガシガシと掻いた。





 ――まったく、調子が狂う。








[完] 2011/09/19 01:50

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ