NO.6

□アニメ ♯4
1ページ/1ページ

 なんて無防備なんだ。判ってはいたけれど、通りすがりの商売女に、簡単に唇を奪われた紫苑を目にし、俺は腸(はらわた)が煮えくりかえる思いを味わった。

 だが、そういう感情の起伏を、表面上隠すのは得意だ。

「悪いけど、返してくれないか。そいつは俺のなんだ」

 俺は精一杯に、余裕ぶって見せた。勝手に奪ったキスのくせに、料金を請求する図々しい女の唇に、料金代わりに同じものを返してやる。たぶん、紫苑がされたやつよりも、濃厚に。

 横目に、目を丸くする紫苑が見えて愉快だった。









「ネズミって、いつもあんなことしてるのか?」

 トボトボと俺の後をついて歩く紫苑は、暫くぶりに沈黙を破った。その台詞から察するに、さっきのキスのことを、ずっと考えていたのだろう。

「まさか。俺は、あんたみたいにボーッと歩いてはいない。だから、あんな不意打ちをくらうこともない。従って、料金代わりにキスをする羽目に陥ることもないな」

「………」

 肩越しに振り返ると、紫苑は拗ねたみたいに、フイッと顔を逸らした。そして、ポツリと溢す。


「これからは気をつけるよ。ネズミに、あんなことさせたくないし、されるのも嫌だ」

 まるで、子供みたいな言い方だった。俺は、呆れ返る。

「たかがキスだろう。いくら嫌だってあんたが言おうが、あんなことにいちいち引っ掛かるやつがいるんだ」


 ここにな。と、俺は紫苑の鼻先を指差した。


「金なんか払うよりキス一つで済むなら、無駄にもならない」

「だったら今度は僕がする。そのほうが、ずっとマシだ」

 その言いぐさに苛立ち、俺は声を荒げた。

「ああ!? なにがマシだ。あんたは絶対にするなよ」

「どうしてだよ! 君はよくて僕はダメなんて、そんなのおかしい、不公平だ」

「どこが不公平だ。あんたじゃ、ロクにかわすこともできない。よけい面倒になりそうなんだよ。だからに絶対にダメだ、許さない」

「だから、どうして!? 理由を言えよ」

 ――理由? 今、言っただろう。そう言いたかったはずなのに、口から出た言葉は別のことだった。

「俺が嫌なんだ。いいから言うことをきけ!」


 ぽかんとした紫苑の間抜け面を見て「しまった」と思っても、後の祭りだ。一度出てしまった言葉は、引っ込めようがない。

 俺は、逃げるように踵を返して先に歩き出す。そんな俺の背に向かって、小さくぼやきが呟かれた。



「…ネズミ、わがまま」














[完] 2011/09/19 03:55

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ