十六夜の舞踏

十六夜の月は美しく

ためらいさえ甘やかで

どの手を取ろうとふらふら惑う

その迷いさえ不実にあらず


…何故なら、これは十六夜の舞踏

ふらりふらりと、惑うからこそ美しい

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ