リリカルFATE

□Α
1ページ/7ページ





 俺は今、いくつかある隠れ家のうちの一つにいる。

 身体に異常はない、アイツみたいに肌が黒く、髪が白くなった程度で。

 アイツは自分が助けたはずの人間にやられたらしいが、俺はそんなヘマはしていない。

 ただ、友人の住む街に現れた死徒(たしかタタリ、ワラキアの夜だったか)を倒しただけだ。

 だが、その時に固有結界を使ってしまい、魔術協会に封印指定にされてしまったのだ。

 そういえば、戸籍上俺の祖父にあたる、切嗣の父も封印指定だったはずだ。

 衛宮姓は封印指定の宝庫なのか、なんてつまらない事を考えられるのはまだ余裕があるからだろう。

 世界中の魔術師が敵に回っていても。


「はは、くだらないセカイだ。本当に、くだらない」


 何と無く言ってみた。



次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ