リリカルFATE

□Γ
1ページ/6ページ





 俺が時の庭園にきて2週間になる。

 宣言通り、プレシア自ら教師を務めてくれた(分野は一般常識から世界や魔法について等多岐にわたる)。

 俺の魔術は特殊らしく(あっちでも特殊だったが)希少技能-レアスキル-と言うことで落ち着いた。

 そして、今日からは彼女から与えられた仕事をこなさなくては。


「……嗚呼、この身体は不便だ、至極」


 口調がおかしいがそこは気にするな。

 今、俺は外見年齢9歳程度。

 こちらに持ってきたトランクの中に、英雄王の宝具庫からくすねて来た『若返りの薬』があった。

 彼女がトランクを勝手に漁った時に出てきたのだが、それを説明したら、「小さい方が便利だから」と言う理由で無理矢理飲まされた。

 何が便利なんだろうか、あの親バカめ。



次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ