Kiyori


私が愛してしまったのは、半分だけ血が繋がった美しいお兄ちゃんだった。禁断の愛を甘く切なく描いたラブストーリー。泣きたい時にどうぞ。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ