あのとき私は…
こんなにも空は蒼くてきれいだったんだね

こんなささいなことも今になって気づくことができたのに
どうして私はまだあの日のことに気づけないのだろうか…

青空よりももっとささいなあの日のできごとに…
自己
book
類の生活日記
はじめに
けいじばん

bbs
さよなら絶望先生

ひゅうっと横を透り過ぎた風に少し寂しさを感じながら

「また来年も来るよ」 


そばに経っていた桜の木にそうつぶやきながら少女は歩きだした


ブックマーク|教える
訪問者261人目




©フォレストページ