処女調教〜SM深愛

Mとの出会いは必然だった。

「処女のまま、調教されたい。」
Mは確かにそう言った。

私は、その希望に応えることになる。

そしてMは、私が期待した通りに、
いや、期待以上に変わっていった。

処女のまま、Mを調教する。
そして、処女のまま変わってゆくM。
私とMとの関係も、変わってゆく。

ソフトに、けれども、ディープでアブノーマルな愛。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ